訪問者数

名です。

プロフィール

 みやぎ

Author: みやぎ
宮城写真事務所です。
 婚礼スナップ・商品撮影・ビューティフォト・メニュー写真。格安で請けます。

このブログでは日々の中からチョッピリ僕の日常を写真を併せてアピールしてみたいと思います。

最新トラックバック

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

熊本城

2016-08-03

熊本城
 熊本城 (大小天守閣) / 2016年2月19日撮影
前回の首里城をアップした時に独特だなと感じたのと、以前にやはり出張で立ち寄った熊本城を思い出したのでアップします。
 本当は立ち寄った時にすぐにアップすれば良かったのでしょうけど、延し延しにしていた内に3・11熊本地震で熊本城も大きな被害を受けました。
 そんな、なんだかんだでアップする気分もなくなってずっと寝かせていた物です。
熊本城と梅
熊本城と梅
 この時は2月中頃。場内の梅が咲きだしていました。
 正面に天守閣、右側に本丸御殿が見えます。
備前堀と五階櫓
 ちょっと、前後しますが城の外、備前堀からのぞんだ五階櫓
熊本城の様子
  加藤清正に依って築城されたと言う熊本城。
 沖縄の首里城と、日本の城との独特な雰囲気の違いが感じて貰えるかと思います。 
  特にこの熊本城の特徴は特異な勾配と堅牢な石垣とされていたが3月の震災でその石垣が大きな被害を受け崩れてしまっていました。
 テレビの報道で、五階櫓の脚元の石垣が崩れた映像や、天守閣の屋根瓦が崩れた様子などかなりの被害が見受けられました。
 安全の為場内の整備、修復にはかなりの時間が掛かるのかと思います。
 熊本の象徴が一刻も早い修復復興されることを心より応援します。

 
スポンサーサイト

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

首里城

2016-08-02

首里城ー1
沖縄  首里城
 2016年7月29日
  出張の帰りに首里城へ寄る
首里城・本殿前の大広場、この広場にて中国からの遣唐使が集まったり、各行事の際の謁見の為の広場だったとの事。
守禮之門
  首里城への門。 「守禮の門」 僕が小さい頃には確か首里城はまだ階段ばかりでこの門だけしかなかったように思います。
  首里城へは、沖縄での唯一のモノレール (ユイレール) で終点の首里駅で降りてそこから徒歩15分登った所だけど、この時期特有の沖縄スコールでドシャ降りに合いそうな雲行きだったのでタクシーを拾って首里城へ向かいました。
首里城ー2
 前日の夜に沖縄入り。 那覇空港に到着したのがもう20時を回っていたのでそうそうに那覇市内のパシフィックホテルへチエックIN。 沖縄で老舗のステーキハウス 「ジャッキーステーキハウス」 で夕食。
 人気のステーキハウスと有ってかなりの行列。 とは言え諦めて他所を当たるにしても時間が遅いので他を探しても適当な店が思いつかないので順番を待つ事にして50分。 
 店内には数々の著名人や芸能人の色紙がびっしりと壁一面に張られていました。
 今回食べたのは (テンダーロインステーキ=250グラム・¥2500円 也り) でした。

  しかし、こうやって見ると沖縄の城は独特だと思います。
 もともと日本の城の天守閣は基本的に物見櫓的象徴が大きいが、この城には天守閣と言うより、王様への謁見の為の本殿が中核となっていて、やはり琉球王国 (王国) だったんだなと実感します。
 帰りの飛行機の時間が迫っていたので駆け足で散策して帰りました。
 

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

和歌山・紀州梅

2015-11-11

2015.1101 和歌山
和歌山線-1
和歌山線-2 新大阪から和歌山まではJR紀勢本線 “特急くろしお” で約1時間程。 一時間に2本運行の和歌山線の車両は “梅と鴬”?のボディーペイント がローカル的雰囲気を醸していました。
紀州南高梅 和歌山のお土産に駅のホームで紀州梅を買いました。 ¥777-(税込)
 紀州南高梅は和歌山のブランド梅と有って、売店での梅の品揃えが豊富で色々な味付けの商品が並んでいたが僕はシンプルなシソ梅を選びました。 


御当地 メニュー コメント: 1 トラックバック: 0

大分県 大分駅・豊後鶏(とり天丼) と 大友宗麟

2015-11-07

  2015.10.29 大分駅
大分駅
  JRおおいたシティー。 今年の4月に完成した大分駅は西洋の城の入り口 “城門” をイメージした駅だとの事で、レンガ色とアーチの入り口や、入り口上の時計などファサードの演出が確かに西洋の城門を思わせる作りとなっていました。
  そんな大分駅の入り口に何故か鶏の彫像が。
大分駅ー1
大分駅ー2
とり天丼
  鶏の彫像が何を象徴しているのか見る事は出来なかったけど、駅構内でお昼に食べたのが “鶏天丼” でした。 大分県の特産鶏の豊後鶏を使った地元料理で “鶏てんぷら” を かつ丼風に卵とじにした料理でした。大分の地元料理らしくそれに由来した彫像だったのだろうか?
大友宗麟ー1  駅前に一際目を引く銅像が有ります。
 大友宗麟。 戦国時代にいち早くヨーロッパとの交易を行い日本に大砲や銃を輸入し、また西洋医術を取り入れるなどとした豊後の国当主で、キリシタン大名。
西洋の文化やキリストなど宗教にも関心が強かった為か、銅像の前には大きな世界地図が書かれている。
 大分駅はそんな宗麟の功績からヨーロッパの城の入り口をイメージしたのだろうか?
大友宗麟ー2
世界地図
駅前バス乗り場
めんたい蒲鉾  帰りの大分空港で土産に買った酒のつまみ “めんたい蒲鉾” めんたいの辛味とプチプチした食感が面白かったです。

駅前

御当地 メニュー コメント: 0 トラックバック: 0

岡山県の出張土産(ままかり)

2015-11-06

  2015.10.28 岡山県の出張土産
ままかり
岡山土産-1  岡山県の出張帰りに新幹線乗り場のキオスク・土産売り場で ”ままかりの詰め合わせ”¥1、080ー(税込) を買いました。
  ”ままかり” の酢漬けや寿司は岡山県の郷土料理との事でした。 僕は ”ままかり” を料理名だと思っていましたが、どうやら魚の名前との事でした。 本来は(サッパ)と言う小魚の事で、春から初夏に掛けての身が柔らかい時期と秋が旬だそうです。
岡山土産ー2  背が緑っぽく、腹が銀白色の10~20センチくらいの小魚で、瀬戸内海の汽水域に生息する平ペッタイ小魚です。
 “ままかり” は「飯借り」と書き(あまりの旨さに炊いたご飯が足りず、隣りの家からご飯を借りたくなる)とか(ママ、米を刈る季節に美味しくなるから ”ママ刈り” )との説があるそうです。
 今回買った ”ままかりの詰め合わせ” は 酢漬け と 甘露煮の2種類がセットになっていました。
 甘露煮は甘く、香ばしく、ほろほろとしっとりとした食感でした。
 酢漬けは、酸味がさわやかで、魚の身の歯応えが美味しいと感じられました。 

駅弁 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。