FC2ブログ
訪問者数

名です。

プロフィール

 みやぎ

Author: みやぎ
宮城写真事務所です。
 婚礼スナップ・商品撮影・ビューティフォト・メニュー写真。格安で請けます。

このブログでは日々の中からチョッピリ僕の日常を写真を併せてアピールしてみたいと思います。

最新トラックバック

和歌山・紀州梅

2015-11-11

2015.1101 和歌山
和歌山線-1
和歌山線-2 新大阪から和歌山まではJR紀勢本線 “特急くろしお” で約1時間程。 一時間に2本運行の和歌山線の車両は “梅と鴬”?のボディーペイント がローカル的雰囲気を醸していました。
紀州南高梅 和歌山のお土産に駅のホームで紀州梅を買いました。 ¥777-(税込)
 紀州南高梅は和歌山のブランド梅と有って、売店での梅の品揃えが豊富で色々な味付けの商品が並んでいたが僕はシンプルなシソ梅を選びました。 


スポンサーサイト

御当地 メニュー コメント: 1 トラックバック: 0

大分県 大分駅・豊後鶏(とり天丼) と 大友宗麟

2015-11-07

  2015.10.29 大分駅
大分駅
  JRおおいたシティー。 今年の4月に完成した大分駅は西洋の城の入り口 “城門” をイメージした駅だとの事で、レンガ色とアーチの入り口や、入り口上の時計などファサードの演出が確かに西洋の城門を思わせる作りとなっていました。
  そんな大分駅の入り口に何故か鶏の彫像が。
大分駅ー1
大分駅ー2
とり天丼
  鶏の彫像が何を象徴しているのか見る事は出来なかったけど、駅構内でお昼に食べたのが “鶏天丼” でした。 大分県の特産鶏の豊後鶏を使った地元料理で “鶏てんぷら” を かつ丼風に卵とじにした料理でした。大分の地元料理らしくそれに由来した彫像だったのだろうか?
大友宗麟ー1  駅前に一際目を引く銅像が有ります。
 大友宗麟。 戦国時代にいち早くヨーロッパとの交易を行い日本に大砲や銃を輸入し、また西洋医術を取り入れるなどとした豊後の国当主で、キリシタン大名。
西洋の文化やキリストなど宗教にも関心が強かった為か、銅像の前には大きな世界地図が書かれている。
 大分駅はそんな宗麟の功績からヨーロッパの城の入り口をイメージしたのだろうか?
大友宗麟ー2
世界地図
駅前バス乗り場
めんたい蒲鉾  帰りの大分空港で土産に買った酒のつまみ “めんたい蒲鉾” めんたいの辛味とプチプチした食感が面白かったです。

駅前

御当地 メニュー コメント: 0 トラックバック: 0

(沖縄)琉球・宮廷料理

2015-10-30

2015.10.23 沖縄 宮廷調理 琉音琉球料理(琉音)
   個人的都合で沖縄 I N .。 東京を発つ前に予約を入れて置いた店の内容は、琉球・宮廷料理。
 羽田空港に6時事到着して那覇のホテルへ4泊のチェック I N ( 今回は西鉄リゾートH IN) 。
  ホテルからワンメータで、予約時間の19時到着。 店に入ると既にテーブルに一つの器がセットされていました。
 最初の品は”豆腐よう”と”ゴーヤーのジュース”
ゴーヤーしりしり豆腐よう
  店に着くとテーブルに豆腐ようがセットされていた。 豆腐ようはアルコール臭が強いので専用の器(被せられている器には香り抜き用の穴が開いている)で香り抜きがされる事で本来の旨みが出てくるらしい。
  ゴーヤーシリシリ (ゴーヤー(苦瓜)とリンゴをすりおろしたジュース。 見た目は青臭さが強烈そうに思えたが意外と飲みやすい。勿論、苦瓜の苦みはそのまま。)
  豆腐よう(泡盛と紅米麹で豆腐を発酵させたもの。 小さなスプーンでちびちびと舐める感じだが、食感は濃厚な柔らかいチーズのような感じだが、口の中で泡盛(焼酎)の香りと塩辛さが広がる。)
ゴーヤーの白和えゆし豆腐
  ゴーヤーの白和え(すっかりゴーヤーとの呼び名が定着した”苦瓜”と”島豆腐”の和え物。)
  ゆし豆腐(型に入れて固めた豆腐とは違って、ホロホロとした柔らかい食感の豆腐にカツオ出汁の吸い物。アーサー(海草)と練り梅が添えられている。)
みぬだるセットどぅるわかしー
  みぬだるセット(アグー豚にすり黒ゴマを乗せて蒸したもの。 これと同じ物を居酒屋でも食べたが此方の方が肉の旨みがしっかりしていたように感じた。違ったのは素材の違いなのか蒸し加減なのか、よくよく写真で見返すと此方の肉は綺麗なピンク色に仕上がっているようだ。田芋とゴーヤの揚げ物が添えられている。ゴーヤ(苦瓜)は輪切りにして中の種と綿もそのままに揚げられているがその方が栄養価高いからだそうだ。)
  どぅるわかしー(ターィム(田芋)を豚肉・椎茸とカツオ出汁などで練り合わせたサラダ。 ねっとり、もっちりとした食感で、田芋の甘みが特徴的。)
ビラガラマチじーまーみー豆腐
  ビラガラマチ(ビラガラは(島ネギ)の事とのことで、 ”沖縄蒲鉾” を ”ビラガラ” でマチ(巻き)って意味。 沖縄蒲鉾の特徴は分からないが個人的には歯応えがしっかりしていると思いました。 酢みそが掛けられています。)
  じーまーみー豆腐(じーまーみー(地豆=落花生?)で、落花生の豆腐です。 もちもちした豆腐です。カツオ出汁が掛けられていて生姜が乗っています。)
イカの紅米麹和え(サービス品)すーちきー
  イカの紅米麹和え(サービスして貰いました。イカ刺しに、豆腐ようの漬け汁が掛けられた一品です。 豆腐ようの漬け汁の “紅米麹” の塩辛さがそのまま ”イカの塩辛” 風に仕立てられていました。)
  すーちきー(アグー豚の脂を抜いて柔らかく煮込んだ豚肉に島胡椒を降った一品。 豚肉の脂が抜けて、肉の旨みに胡椒の香りと刺激が引き立つ仕上がり。 島やさいと言われるチョーミーグサ(長命草=風邪や喘息、腎臓病・高血圧・動脈硬化・リュウマチ等…)と、ハンダマ(金時草・水前寺菜=ポリフェノールの効果で、老化防止・動脈硬化・滋養強壮・疲労効果)が添えられている。
ソーミンたしやーラフテー
 ソーミンたしやー(ソーメンの炒め物。軽く塩味で炒めたソーメンにネギとラッキョウを盛り付けた一品。 あっさりとした仕上がりでした。)
  ラフテー(アグー豚の柔らか煮。 沖縄・在来種黒豚(アグー豚)を丁寧に脂抜きをして柔らかく煮込み、味を仕上げた。 本来は醤油味で仕上げる所を、みそ味で仕上げられていた。 島野菜が添えられている。
豚飯・漬物豚飯(どぅんはん)
  豚飯・漬物(締めに、ご飯ものと漬物です)
  豚飯(豚飯(トウハン)=豚肉、椎茸、島ニンジンなどの炊き込みご飯にカツオ出汁を掛けた ”茶漬け” 。
漬物西国米(しーくーびー)
  漬物(へちまと冬瓜の漬物。)
  西国米(”しーくーびー”、タピオカのデザート。 季節毎に変わるようなので今回は参考までに。)

御当地 メニュー コメント: 0 トラックバック: 0

サッポロジンギスカン 1

2015-02-06

ジンギスカン
 2015.0129 サッポロ IN ジンギスカン
201501290264.jpg

ジンギスカンの焼き方1  札幌への出張。
 今までにも定食で食べた事のあるジンギスカン。
 札幌出張の夜。すすき野を散策してジンギスカンの店を見つけました。 店名は「羊々亭」と有りましたが後で知った事はこのお店札幌ビール園の直営店でした。
 それで初めてジンギスカン鍋を経験する事となりました。 最初に感激したのが、食べ放題プラス飲み放題を一人からでも注文出来る事でした。
 食べ放題¥2800-が、食べ放題・飲み放題で¥3800-でした。 呑んべで、喰いしんぼの僕がお好みで注文していたら¥4000-を下回るのが難しいと思ったら迷いなく飲み放題・喰い放題を頼みました。
 最初に運ばれてきたのが「ビール中ジョッキ・羊肉と鶏肉と豚肉の盛り合わせ・羊肉のズケ・おにぎり一個」
 さて、どう焼いたら良いのか? まづはお店スタッフの説明通りにジンギスカン鍋に牛脂を乗せ溶かしました。 そして羊肉を乗せて焼いてタレに浸して食べると「美味いッス!」(にっこり)
 さて、野菜を焼きます。  一度、焼いてる羊肉の上に載せてみましたが肉が焦げるかな?と思い、肉の周りを囲むように敷き広げて見ました。 (肉の融けた脂が野菜を焼く鍋肌に流れ伝って良いかな?っと期待しました)
 しかし、鍋肌に接している野菜は焼けますが上に重なる野菜には火が通らず全体に火が通る頃には鍋に接する野菜が焦げてしまいます。
     難しい! (へへ;)#。

ジンギスカンの焼き方2

 結果! お店のスタッフに疑問をぶつけました。
 スタッフ談「脂を馴染ませたら野菜を盛ってその上に肉を覆いかぶせる事で野菜を蒸し焼きにして下さい。出来上がった所で全体を混ぜ合わせて食べて下さい」  との事でした。
  早速実践です。 脂を溶かし、野菜を盛り、肉を上から被せて包みます。
 なんとなく、肉が蒸されて色が変わります。 頃あいかなってんで全体を混ぜ合わせて出来上がり。
 多少の焦げは有りましたが、最初よりは旨く行きました。
 今回の収穫。

 ジンギスカンは奥が深いです。

ジンギスカン完成
ジンギスカン


美味しかったです。(笑い)  (へWへ)/P。






御当地 メニュー コメント: 0 トラックバック: 0

みしまコロッケ

2015-01-11

みしまコロッケぱん
2015.0110 みしまコロッケぱん
三島駅
静岡の三島へ行って気になった「みしまコロッケ」 箱根西麓の三島馬鈴薯と言うじゃが芋(メークイン)を使った御当地グルメとの事で、JR三島駅構内の桃中軒のパン屋で温かいのが売っていました。 ホロホロとした食感で美味しかったです。 新幹線乗り場のコンビニでは「みしまコロッケぱん」を見付けて買ってみました。 特に保温されていないので冷たくそんな物かなって感じです。
 新幹線乗り場のホームにも桃中軒の駅弁売店と、立ち食い蕎麦屋が有って「桜エビのかきあげ蕎麦」と「しらすのかきあげ蕎麦」が気になりましたが今回は「みしまコロッケ」と「コロッケぱん」で満足してしまいました。
 しかし、この桃中軒ってお店はどうやら三島で有名なお店の様です。
 三島駅の8番・9番ホームは伊豆箱根鉄道で修善寺行きと成っていました。
























 

御当地 メニュー コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR