FC2ブログ
訪問者数

名です。

プロフィール

 みやぎ

Author: みやぎ
宮城写真事務所です。
 婚礼スナップ・商品撮影・ビューティフォト・メニュー写真。格安で請けます。

このブログでは日々の中からチョッピリ僕の日常を写真を併せてアピールしてみたいと思います。

最新トラックバック

2014-11-26

鍋 & 茶碗蒸し
鍋 & 茶碗蒸しー1
 2014.1126 鍋 & 茶碗蒸し
鍋 ・ 茶碗蒸し 朝からの雨で気温が上がらず今日は本当に寒かった。
 昨夜のチンジャオルースで使った筍が少し残っていたのでそれを使う事で思い付いたメニューが。今回は茶碗蒸しです。
  茶碗蒸し
 出汁を鍋いっぱいに作って、その一部を茶碗蒸しに使い。 残りを鍋の出汁にしました。
 鍋用に準備した手羽元の一部を骨から切り離し茶碗蒸し用に適当な大きさにカットした肉に酒・醤油を揉みこみます。 椎茸1個を薄くスライスして筍を適当な大きさに切っておきます。
  出汁をお玉5杯に(お玉1っ杯で、おおよそ玉子1ッ個分位の分量) みりん大さじ1 酒大さじ1 醤油大さじ1 を合わせる。  玉子2個 を溶いて合わせて濾して玉子出汁を作ります。 茶碗に下準備をした鶏肉と椎茸、筍を適当に分けて玉子出汁を注いで、沸騰したせいろで最初は強火で3分、その後弱火で20分ゆっくりと蒸し上げました。

  残りの出汁は土鍋で鍋にしました。 
  土鍋に出汁を張り、手羽元・白菜・白滝・椎茸・大根(いちょう切り)を敷き詰め、酒・みりんを大さじ3を足して中火で火に掛けます。
 火が通った所で、ネギ1本分を細切り(太い、千切り)にして上に敷き広げて蓋をして軽く3分程温めたら出来あがりです。
  
スポンサーサイト

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

チンジャオとタマネギのコンソメスープ

2014-11-25

チンジャオルースー
 2014.1125 チンジャオルースー と タマネギのコンソメスープ
チンジャオ・その他  コンソメスープ
   先ず、玉葱を食べ応えの有る大きさで、縦4等分にカットしてフライパンでしんなりオリーブオイルで炒めます。
  炒めた玉葱を鍋に移して(炒める時に使ったオリーブオイルを適当に除くため別フライパンで炒めて鍋に移します)、細かくカットしたベーコンを足して水を張って火に掛けます。 
 鍋が温まるうちに出る灰汁を取り除き、固形コンソメ(味の素)を刻んで入れ、酒を大さじ2を足してじっくり弱火で煮込み、塩・胡椒で味を整えました。

  チンジャオルースー
  ステーキ用サーロイン(安いオージービーフ等)を半氷結させてから細切りにします、その方が牛肉の細切りがやりやすいのです。 細切りにした牛肉を酒で揉み、塩・胡椒でを降って片栗粉を塗します。
 我が家では、カミサンが苦いのが苦手なのでピーマンとパプリカを合わせて細切りにします。 それと筍も細切りにして置きます。
  フライパンに多めの油を温め、低温で牛肉を色が変わる程度に火を通してから取り出します。 フライパンに少しの油を残し生姜を炒めて、ピーマンを始めとしてパプリカ・筍を炒めて牛肉を戻し入れ みりん・醤油を1:1を入れて手早く絡め炒めて仕上げました。

 サラダにはプチトマトを足しました。



 

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

冶部煮 と カツオの香味たたき

2014-11-25

冶部煮 と カツオの香味タタキ
2014.1121 冶部煮とカツオ香味たたき
冶部煮・カツオの香味たたき  鴨の冶部煮
  鴨に小麦粉を降っておく。 出汁に 酒 大さじ3・みりん 大さじ2・砂糖 大さじ2・醤油 大さじ3を合わせる。
  かぶの葉の部分を適当な大きさにカットして軽く塩茹でして於く、かぶは食べやすい大きさにカットしその他、椎茸・木綿豆腐とネギも適当な大きさにカットして於く。
 鍋に調味料を合わせた出汁を強火で煮立てて鴨肉を一切れずつ並べ入れて中火で軽く煮たてたら取り出して、椎茸・かぶ・出汁を採るときに使った昆布を適当な大きさにカットしたのを入れて煮込む。 煮込んで具に味が染み込んだら鴨肉をもどし、豆腐とネギを入れて暫く煮込んで仕上げる。  器に盛り付ける時に塩茹でしておいたかぶの葉を添える。

  カツオの香味たたき。
  生姜 ・青シソ 4~5枚・ミョウガ 2個を細かく叩いて、ボウルに入れ、豆板醤 小さじ1/2、甜面醤大さじ1 醤油 大さじ2、酒 大さじ2 を合わせて混ぜたら、切ったカツオの上に乗せて仕上げました。

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

焼き鳥&串焼き

2014-11-21

焼き鳥
2014.1119 焼き鳥に挑戦焼き鳥ー1
 いつも使っている生協から焼き鳥セット(串打ちされたしゃも肉が4本入っている)が2セット届いた。
 届いたと言うのも変ですね。 我が家の生協への注文は僕のカミサンが食べたいと思った物を適当に?好みで注文しています。 それを僕が気分で利用するって事で冷蔵庫の中が回っています。
 さて問題が、我が家に焼き鳥を焼く様な器具が有りません。
 ガスコンロで串焼きをする時の道具として「鉄弓・金ぐし・石綿付き焼き網」が有ると便利なんですが、我が家に有るのは「魚焼き用の、石綿付き焼き網 と バーベキュー用の金ぐし」くらいでした。
 それで、魚焼き器の魚を挟む部分の取っ手を外して石綿が乗っかったトレー状態のみにして、トレーの縁にバーベキュー用の金ぐしを渡して使うことにしました。 こうする事で熱した石綿から鶏肉を浮かせた状態で焼く事が出来ます。
 やって診て分かった事。 焼き網のトレー部分の縁に直に焼き鳥の串が触れると串が焼けてしまうので、ちゃんとバーベキュー用の金ぐしに乗せる事で、焼き網のトレーに直に触れない様にする事が大事です。
 それ程、高く石綿から浮かせられないので大きい物には不向きですね。 でも、焼き鳥程度でしたら十分に対応出来ました。 しゃも肉4本づつでは物足りないので(椎茸・ネギ・銀杏・プチトマト)も串打ちして焼きました。
 この日はキャベツの千切りを一緒に添えて、スープを付けて仕上げました。

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

鶏肉とネギの鍋

2014-11-18

鶏とネギの鍋
2014.1118 鶏肉とネギの鍋
白菜たっぷり  今日は寒かった。
久々に鍋の気分だった。 先日の日曜日に見たテレビ(ダッシュ村)でネギ農家が教えるネギの美味しさをテーマに、ネギをふんだんに使った鍋が紹介されていた。 美味しそうだったので少し真似をしてみました。
 濃い目の出汁に、白菜をたっぷり敷き詰めて、適当な具(大根=下湯で済み・白滝)を入れて、塩もみした手羽元を載せて多めの酒を足して火に掛けました。
 火が通って味が落ち着いた頃合いに太目に長く切ったネギを大量に乗せて軽く沸騰させて仕上げます。
 白菜の甘味を活かした鶏の水炊きに、ネギの甘味を楽しむ感じで作ってみました。

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

炊き込みご飯と毛ガニ

2014-11-14

炊き込みご飯と毛ガニ
2014.1114 鶏肉の炊き込みご飯と毛ガニ
毛ガニ鶏肉の炊き込みご飯 北海道産の毛ガニが生協で届いた。
 朝取りの毛ガニをボイルされた物だと言う。
自然解凍でほぐして、味噌汁を作って、鶏肉の炊き込み御飯を作った。
 炊き込みご飯
 鶏モモ肉は皮の部分を剥がし取り、小さくカットして酒・醤油で下味を付ける。 油揚げを熱湯で油抜きしてから細長くカットする。 人参と蒟蒻は薄い短冊切り。 干しシイタケをもどして薄くカットする。
 出汁に、干しシイタケをもどした時のもどし汁を併せて、お米に分量の出汁をはって下味を付けた鶏肉を始めとした具をいれて。 酒大さじ3、醤油大さじ3、みりん大さじ3を足して、剥がした皮を載せてから炊飯器で普通に炊き上げました。
 炊き上がったら、載せて於いた皮を取り出してから暫くむらして置きました。 

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

豚汁とトンテキ

2014-11-13

豚汁とトンテキ
 2014.1113 豚汁とトンテキ
  親父が亡くなった精神的な事なのか?
 気が付いたら、部屋の中が散らかり放題。 これでは、料理を作ってもブログ用に写真を撮る事も無く。気が付いたらかなり長い事ブログを放置状態でした。
 やっと部屋を片づけたら普段の生活に戻ったのかも知れません。

 さて、今日は久々に豚汁を作りました。 そしてトンテキに挑戦しましたがやはり焼き上がりが硬いようです。
  肉の火の通し方が問題なんでしょうね? 僕の課題です。
 トンテキの見た目を良くする為、ネギを散らしました。

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

父が亡くなった。

2014-11-03

千代田線とススキ
2014.1103 荒川河川敷 ススキ
ススキ  10月26日。親父が亡くなった。
前々から危ないと言われ、それでも1年も持った。
 親父の子供として僕は次男で産んでもらった。 兄貴がいて、姉貴がいて。そして立派な弟達が4人もいる。
 僕は、フリーのカメラマンで景気とその時の状況で収入の不安定な立場から、此処5年実家に顔を出す事が無くかなり親父に寂しい思いをさせた不詳の次男坊で有った。
 流石に不安になって、今年のお盆にカミサンを置いて一人親父の顔を見に行ったが、すでに遅かった様子だった。
 もう、アルツハイマーが進行していて僕の事を理解出来ませんでした。
 僕の顔を(誰だろうと)不安そうに見る父の眼差しに微笑むと父は目線を逸らすように毛布を頭からかぶります。
 それが、僕が最後に見た父の姿でした。
 そして、2か月後の父の最後。
 僕の事。兄弟の事。顔を見ても理解出来ない父。 だけど、普段から介護に当たる姉貴達地元組の兄弟にはどれだけの理解が有ったのか分からないが、それでも安心しきった表情なのに、僕に向けた不安そうなあの眼差しは如何に親父との距離が広がったのかを思い知らされた瞬間であった。

 父の最後。 有る意味ホームに入った時、ボケが進行して行った過程、若かりし頃の深酒のツケからの身体の不具合。色々な状況が父の最後の近い事が分かっていた。 それでも、危ないかもとの兄弟からの遠回しな報告に心臓がバクバクし、不安から寝汗を掻いたのに。何事も無ければ何時しか父の不安定な状態に勝手に大丈夫と思い込み父の状態を忘れる日々になれていた。
 10月26日(日曜日)深夜。家電話が鳴る。
 何故か涙がこみ上げる。
 そして、「父ちゃんの心臓が止まったよ」と姪の声が受話器から聞こえた。

 流石に深夜と有って翌日の大阪出張はキャンセル出来ず。翌日の大阪出張の新幹線からその他の撮影のキャンセル、代理のカメラマンの手配を動揺する心を抑えながらの電話手配。 そして自宅に帰ってからの航空券の手配。
 実家へはその翌日の火曜日。
 通夜。 告別式。 初七日。 父の最後は何時しか覚悟が出来ていたんだと実感する自分を噛み締めるのに、何故か思いも掛けず涙が込み上げる。
 そして、東京に戻って来て今日から僕の日常が始まる。 心の隙間の寂しい気持ちを何となく感じながら、以前から撮らなきゃと思っていた「秋の風景」を…と思い。  何故か北千住から荒川へ向かい「ススキ」の写真を撮って来ました。
 

日記 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR