FC2ブログ
訪問者数

名です。

プロフィール

 みやぎ

Author: みやぎ
宮城写真事務所です。
 婚礼スナップ・商品撮影・ビューティフォト・メニュー写真。格安で請けます。

このブログでは日々の中からチョッピリ僕の日常を写真を併せてアピールしてみたいと思います。

最新トラックバック

ガーデン街道 2泊3日 二日目ー3

2017-06-18

トビラー2
             ガーデン街道 (真鍋庭園)
入口
楓
庭園
 真鍋庭園は、十勝ヒルズから移動20分程度。
 敷地はかなり広く敷地面積2万5千坪。入園してみて先ずは日本庭園の趣が強く、鯉が泳ぐ大きな池に出会います。
 池の向こうには古そうな屋敷が見えました。説明書きでは明治の頃当時の皇太子が北海道を訪れて宿泊した時の建築物でその後様々な施設として利用された歴史的建築物との事。
 先々代の真鍋正明氏が譲り受け移築し、「真正閣」と名付けたと有りました。
 さらに庭園を進むと、洋館が木々の向こうに見えてきます。
 どうやらこの真鍋庭園のオーナーの屋敷らしく、その周辺へは進入禁止となっていました。
 雨上がりの楓の葉に雫が滴り、お日さまにかざされた若葉が透けて見えます。
 庭園を順路の通りに散策して約1時間。日本庭園かと思った雰囲気が洋風な森の趣きへと変化し、そろそろ出口へと続きました。
 出口付近ではこれから植樹されるのか様々な木々の苗木が並べられていました。
 後から庭園のパンフレットに目を通すと、真鍋庭園には樹木生産販売を主とした見本庭園の意味合いが有るようでした。

森の洋館
楓道
スポンサーサイト

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

ガーデン街道 2泊3日 二日目ー2

2017-06-18

トビラー1
             ガーデン街道 (十勝ヒルズ)
柳の下
スイレン
オードブルサラダステーキ

庭園 風のガーデン散策を終えて、お昼12時にホテルをチェックアウト。
 富良野から帯広へ車を走らせます。
 ガーデン街道4つめの目的地は十勝ヒルズです。
 高速、道東道を使って2時間30分。ファームレストランが人気とのことで、カミさんがランチの予約を入れました。
 しかし、車で走ってみて本当に北海道は広いなと実感します。
 特に、富良野の景色は格別かも知れません。
 とはいえ今回はあいにくの雨の中でのドライブとあって景色はクルマの中から楽しむにとどめて”十勝ヒルズ”を目指しました。
 ちょっと早めの14時に到着。レストランは庭園の入ったところにあります。
 外光が一杯に差し込む全面ガラス張りのレストランは結婚パーティーも行われるようです。
 今回僕らは5000円のステーキを頼みました。ボリュームがあるので二人でシェアしていいですよと勧められたのが決め手です。
 また、サラダやオードブルがバイキング式で自由に食べられるのも気に入りました。
 自家菜園で採れた野菜や、ハム、サラミ、ベーコン、ボローニヤソーセージ、様々な肉類が燻製にされているのか香が濃厚で力強い印象です。それだけにサラダのドレッシングがさっぱりとして美味しく感じました。
 ステーキは確かにボリューム満点です。肉肉しい赤身のステーキをソースが飽きないようにしているのかもしれません。
 とは言え、料理のインパクトというのか力強い素材の使い方がハンガリー料理の醍醐味かな?と勝手な解釈。 
 
  ガーデンは結構広く、農園と庭園に分かれていて結婚式や様々なイベントが行われているとの事でした。料理に感動したカミさんが今夜の食事にもう一度来ようか?と言っていましたがディナータイムは予約制でその代わり庭園入場料は取らないとの情報でしたが、僕のお腹は今夜の肉料理を考えられるスペースが無かったので予約は夕方に決めると主張。その代わりに、レストランのソムリエからお勧めのレストランの情報をゲットしました。
結局この時点で食べたステーキの腹持ちが続き、その日の夕飯はホテルで教えて貰った寿司やで終わってしまいました。 帯広の寿司やもネタが東京とは比べられないくらいに贅沢に分厚くて、新鮮で、美味しくて、大満足でした。
 因みに6月8日、天気雨上がり時点での十勝ヒルズでの見どころは個人的にトンボ池でした。 スイレンとマーガレットが綺麗でまるで、画家モネの“池の風景”をインスピレーションさせてくれます。

十勝ヒルズ 入口十勝ヒルズ

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

ガーデン街道 2泊3日 二日目ー1

2017-06-15

トビラー1
            ガーデン街道 (風のガーデン)
ドラマ資料館ー2  
ドラマ資料館ー1
風の庭園富良野のこの時期の日の出は早いらしく3時40分頃には窓の外が白みだしていた。
   二日目。天気、雨。
 前日からの天気予報で知っていたことだけど、実際に降られると残念な気持ちです。
 
  ”風のガーデン”の受付は新富良野プリンスホテルの敷地内にあります。
 それもあって今回の宿泊はこのホテルを選びました。
  受付でパンフを出して、来場のスタンプをもらいます。
  ガーデン巡り8か所のスタンプを集めるとなんでも記念品が抽選でもらえるらしいです。

 押し花工房  風のガーデンは、受付から庭園までを送迎のバスで送り迎えしてくれます。
 ちょっとしたアスレチック場やパターゴルフのコースを横切って5分ほどで風のガーデンに到着です。
 風のガーデンは、2008年のフジテレビのドラマのために作られた庭園だそうです。
 脚本=倉本 聰 主演=中井貴一・緒形 拳・黒木メイサ・神木隆之介。
 庭園を歩くうちにドラマの片鱗が思い出されました。
 壊れた家族間の絆をやさしく修復していく人間ドラマ。中井貴一と尾形 拳。中井貴一が障害を持った息子役の(神木隆之介)との会話に出てくる花言葉は確かこのガーデンに咲く花が題材だったように思い出しました。

 庭園  
癌で余命少なくなった中井貴一が父親の緒形拳と家族の距離を詰めていく。 中井貴一の心情と、家族が手入れをする広大な庭園風景の四季がドラマに人生の深さを醸し出す。
庭園に咲く450種以上の花が植えられたブリティッシュガーデン。 “風のガーデン” はこのドラマを作成するに当って一年前から計画されて造られたのだという。 
この、悲しくもありやさしくなれるドラマだったような印象を思い返しながらの小雨の庭園。
小雨降る開園直後の庭園を貸し切り状態で散策。 綺麗な押し花の資料館を散策し。
そして、しっとり濡れた新緑のガーデンを堪能して次のガーデン街道を目指します。

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

ガーデン街道 2泊3日 初日ー3

2017-06-14

トビラー1
                 新富良野プリンスホテル
前菜お造り・お吸い物焼き物

釜飯揚げ物強肴
ご飯食事デザート
  上野ファーム閉園時間17時で初日のガーデン廻りは終わりです。
 ここから、本日のホテル。 新富良野プリンスホテルへ車を走らせて約2時間30分。
 ホテルへのチェックイン”19時30分頃。
 カミさん少しグロッキー気味です。 何せ庭園を散策しているより車の中にいる時間が長いからね。
 でも、初めての北海道のドライブは、新緑の真っ直ぐの街道が気持ち良いドライブです。
 ホテルも豪華で気持ち良いい。 ちょっぴり疲れていましたが、明日に備えて早めの夕食に挑みます。
 ホテル最上階の和食レストランで ちょっと奮発。
 ● 前菜5種盛り 蒸しタコ、鴨肉の巻物、ソラマメの揚げ物、ともう一品
 ● お吸い物 済汁仕立て 海老と筍の真薯 ・ お刺身4種盛り
 ● 焼き物 目抜きのアスパラ味噌焼き インカの目覚め(芋) パプリカ インゲン の素揚げ アスパラ味噌が焼いた魚の脂っこさをやさしく中和する感じかな。
 ● 釜めし その場で炊き上げる為、早めにテーブルにセットされて火が入りました 「炊き上がりまでに30分程掛かります」
 ● 北海道産和牛のせいろ蒸し カブとニンジン、かぼちゃが添えられている。 和牛は小松菜が巻かれていてほんのりゴマだれに漬けて食べました。  和牛の旨さが濃厚でした。
 ● アスパラのあいなめ巻きと野菜の天婦羅。 流石に北海道の野菜は食べ応えが主張しています。
 ● 釜めしが炊きあがりました。 ウニと帆立と筍と油揚げと小魚の天婦羅らしきものが入っていました。
 ● 別盛りのイクラを炊き上がった釜めしに入れ、混ぜ込んでお茶碗によそぎます。
 赤味噌の椀物と香の物で頂きました。 炊きあげてある為、折角のウニの風味が感じられないのが残念だったかも。
 とは言え、ここまで食べ上げるのにほぼ1時間とゆっくり時間を掛けたのも有って、もうお腹一杯。 遅い時間に食べたお昼のピザがお腹に効いていたのかも知れないな。 ホテルのシェフさん最後の釜めし、残してしまい済みませんでした。
 ● 最後のデザートはフルーツのカクテルと焼きプリンでした。 焦げたザラメがシャリッと口当たりが良い感じのプリンでした。

  朝食は、大広場でのバイキング。 焼き上がる度に鐘を鳴らす人気のクロワッサンはあっと言う間に無くなる人気の一品。
 また大きなアスパラ焼きが目の前で焼かれていくのは流石に北海道だと実感。
 また、その他にも、お好みで乗せ放題の海鮮丼やそばも人気のメニューでした。
 全部が食べきれない自分の胃の小ささが悔しい。
 
朝食



観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

ガーデン街道 2泊3日 初日ー2

2017-06-14

トビラー1
            ガーデン街道  (上野ファーム)
射的山
射的山ルピナス
マザーズガーデン ガーデン街道初日の2か所目。 上野ファーム。
 旭川入りしたのがお昼過ぎ。 軽く食事を済ませ、森のガーデンを散策したのち出発したのが16時前。
 森のガーデンから車で約25分程。 開園時間は17時までなのでこちらでの散策時間は40分程度。
 結局、三國シェフのレストランでランチを採らなかった事がこちらでの散策時間が取れたって事で結果オーライです。
 上野ファームは入り口が2か所。 今回僕らが入園したのは西口の受付からでした。
先ず開花にはまだ早いバラのアーチをくぐってマザーズガーデンと名付けられた庭園を散策。
木陰のトンネル 花々に囲まれたレンガ石の小路は様々な花の匂いに包まれたのどかな雰囲気。
 見渡す視界はイギリスの農家の庭園をってこんな感じなんだろうかと思わせてくれる。
 木陰のトンネルを通って”ノームの庭”へ続くはずであったが、今回は閉園時間が迫っていたので、マザーズガーデンから射的山に登って当たり一面を眺めて行く事にしました。
 ところで、”ノーム”って”農務”の事なんだろうか?
 射的山に登る山肌にはルピナスの花が咲いていました。
 まだ、時期が早かったのか。ガイドブックの様な辺り一面の花畑とまでは行きませんでした。
マザーズガーデン 射的山は屯田兵の射的訓練場として使われた山との事でした。山頂からは上川盆地に広がる田園風景が見渡せ、この山を経由してノームの散歩道・ノームの庭・白樺の小路と続いて庭園を一周されるのだけど、今回は時間が無かったので残念ながらここまでで断念です。
 

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

ガーデン街道 2泊3日 初日ー1

2017-06-13

トビラー1
          ガーデン街道 (大雪 ・ 森のガーデン)
森のガーデンー1
森のガーデンー2森のガーデンー3
森のガーデンー4
6月7日 10時40分 羽田発 旭川 12時15分着 の予定であったが、発着が遅れて旭川に降り立ったのは12時40分を廻っていた。
 飛行機が着陸寸前に風向きが大きく変わったとの事で、滑走路着地寸前に飛行機の高度が上がって行った時には何事かと妙な空気感が流れたのには驚きました。
 空港から前もって手配してあったレンタカーの手続きを済ませて先ずは 大雪 ・ 森のガーデン へ向かいました。
 森のガーデン 入口の高台にはレストラン=”フラテッロ・ディ・ミクニ” が有名で、フレンチの三國 清三シェフの料理が味わえるとの事であった。 ランチタイムのラストオーダーが14時30分との事で、何んとか15分前に到着。
 早速、店内に入ったのだが何んとこの日は13時30分で食材が切れてオーダーが終わってしまっていました。
 本当なら、来店の予約を入れておけば問題なかったのでしょうけど、旭川到着予定が12時15分では、ちょっと飛行機が遅れたりなどのトラブルが有ったら、間に合わない可能性があったので事前の予約はしてなかったのです。
 それにしても、軽食すら出せないと断られたのには残念でした。
 まぁ~、仕方ないでしょ。 気を取り直して急いで登った急勾配の高台の坂道を下って、ガーデンへ引き返しました。
 入口では、ショップとカフェが併設されていたので、先ずはお昼の腹ごしらえです。
 カフェでは、ホットドッグやカレーライス、ハヤシライス、ピザ とメニューが有りました。
 私はカレーライス。 カミさんはハヤシライスを頼み、ピザはシンプルなマルゲリータでしたので、ちょっと重いかなと不安が横切ったのだけど、二人でシェアすれば何とかなるかと、折角の旅行。 色々試そうとピザも注文しました。
 結果。 ピザの生地が厚めのタイプだった事も有って、残してしまいました。
 食い意地が先行してお腹がついて来れないパターンです。
 今回のガーデン街道の旅はとにかく2泊3日で8か所、全てを廻る事。
 その第一歩が一番北側のこの森のガーデンから。
 まだ、6月の始めと有ってか花の種類が少ない様子だが、それでも若葉が眩しく生き生きと輝いている感じで、個人的にもこの緑の輝きが好きで大満足です。
 園内からは、駐車場の向こうに雪肌を残した大雪山の山々が望めます。
 カフェで遅いランチを採って、ガーデンを散策しているとあっと言う間に、15時40分を廻っていました。
  森のガーデンを後にして次のガーデン ”上野ファーム” へ急ぎます。 


大雪山

観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

鶏もも肉と茄子のさっぱり炒め

2017-06-06

DSA_170606 (7)
 鶏もも肉と茄子のお酢さっぱり炒め
DSA_170606 (1)
 材料は玉ねぎざく切り。 茄子ざく切り。 鶏もも肉一口大(塩・お酒をもみ込む=下味)

 お酢ダレ= 米酢・100cc  みりん、醤油、砂糖 各 大匙 1.5

DSA_170606 (2)
 下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶす。
DSA_170606 (3) 玉ねぎを炒めて、火が通った所で茄子を加えてさらに炒める。
 DSA_170606 (4)
茄子に火が通った所で片栗粉をまぶしたもも肉と、お酢の併せ調味ダレを加えて炒めて仕上げる。DSA_170606 (6)
DSA_170606 (7)
 
  

わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

豚肉と野菜の炒め物

2017-06-02

材料完成
 豚肉と野菜の炒め物

 久々のアップです。 あまりに久々で上手に配置できません。
 取り敢えず、アップする事が大一なので下手くそながら書き上げます。
 今回は、先日作った豚肉と野菜の炒め物の覚書をアップします。
 使った材料は豚バラ肉200グラム・パプリカ一個・玉ねぎ一個・キャベツ1/4・エリンギ大2本。 後、生姜を一欠けのみじん切りです。下ごしらえ
 ● キャベツ・パプリカ・エリンギ・豚肉は一口大の乱切り。 玉ねぎはくし型の大き目にカット。 
 ● 豚肉には塩をまぶし酒をもみ込んでおく 沸騰
 ● 鍋に 塩 大1 油 大1 を入れたお湯を沸騰させ野菜を湯通しする。
   軽く湯通しするつもりだったが熱を通し過ぎました。
湯通し肉
 ● 鍋に油大3を熱し、生姜みじん切りを炒め、豚肉をみりんと風味付けの醤油で色が変わる程度に炒めて取り出す。 ☆ 肉が固くならない程度に火を通しすぎないようにする。
仕上げ
 ●湯通しした野菜を強火で炒め、みりん大3 と ウエパー「中華調味料」 大1 で味付けて、肉を戻し鍋肌から風味付けの醤油を掛けて仕上がる。完成


わが家のレシピ コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR