FC2ブログ
訪問者数

名です。

プロフィール

 みやぎ

Author: みやぎ
宮城写真事務所です。
 婚礼スナップ・商品撮影・ビューティフォト・メニュー写真。格安で請けます。

このブログでは日々の中からチョッピリ僕の日常を写真を併せてアピールしてみたいと思います。

最新トラックバック

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

(沖縄へー4) 旧盆の沖縄。エイサーと言う 道ジュネー

2014-08-20

タイトル
2014/08.10 沖縄の旧盆 (エイサー)
 沖縄の「エイサー」は広く認知されています。
 でも、このお盆の(道ジュネー)は少し赴きが少し違います。
明るくセッテイングされた祭りの会場で見るエイサーもカッコ良いけど、この沖縄の祖先崇拝の為に暗い夜道を三線を弾き語りながら太鼓を叩き、道を踊り練り歩く風景には沖縄と言う独特な土地の思いの強さを感じます。
満月をバックに(サムネイル) 道ジュネー
 沖縄のお盆は旧盆に行われる為、本土のお盆休みとは少しタイミングずれます。
今年は、8月の8日に祖先をお迎えをして、10日に祖先のお送りでした。
 このお送り(ウークイ)に、祖先の霊に贈る踊りとしての舞いがこのエイサーに気持ちが込められているように感じます。
その為、特別に祖先のお送りに気持ちが大きい家庭では踊り練り歩く部落の青年会に特別にお願いしておきます。
 すると、青年会が門戸の前まで練り歩きこのエイサーを披露して行くのです。
 暗い夜道を先導の発電機を積んだ荷車が照明を照らしながら町内を練り歩く光景は、お祭りで見るエイサーとは少し赴きが違った感じが有ります。
道ジュネー(サムネイル) 大太鼓(サムネイル) 締太鼓 引き(サムネイル) 締太鼓(サムネイル)

 夜、遠くから太鼓の音が響いてくる。そして三線のメロディーと共に歌声が聞こえてくると人々は門戸を出て歌声のする方向に目をやり暗闇から遣って来る一団を待ち迎える。 そんな地元のエイサーの風景を見ると沖縄の祖先と無くなった身内に対する心の思いがこのお盆のウークイに現れてるようで心に響く行事でした。





観光 風景 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://miyagi51.blog.fc2.com/tb.php/101-82b50bff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。